「100%ジュース」のことが好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。なんの感情もない人だって。あなたにとって、「水」って、どんな感じ?

三日月と谷とタイフーン

HOME

薄暗い平日の夕方に昔を懐かしむ

遠くの里方に住んでいる母親も孫の為だといって、非常に色々お手製のものを苦労して縫って届けてくれている。
アンパンマンがものすごく好きだと話したら、話したキャラの生地で、作成してくれたが、布の購入価格が非常に高額であきれていた。
縫物の為の生地は横、縦、キャラクターものだと上、下も方向があり手間だそうだ。
しかれども、豊富に、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
小さな孫はめっちゃ愛らしいのだろう。

涼しい週末の夕方は焼酎を
今年の夏は、海水浴に行っていないが、都合がつけばめっちゃ行きたい。
現在、自分の子供が2歳になったばかりなので、砂浜で遊ばせる程度だけど、しかし、想像するけれど喜んでくれるだろう。
但し、まだ、オムツを着用しているゆえに、海水客の事を考えたら海につけない方がいいかもしれない。
プール用オムツもあるが、自治体によっては議論になっているらしいので。

雪の降る火曜の夕暮れにひっそりと

会社で頑張っていた時の先輩は、社長令嬢で、誰が見てもお嬢様だった。
小柄で可愛らしくてとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護団体など立ち上げて、しっかり活躍をしている様子。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験反対。
少し前に、部屋に遊びに行ったことがあった。
都心にあるマンションの最上階で、皇居が見下ろせる場所。
先輩は、可愛くてきれいな白い猫と同棲していた。

雪の降る月曜の早朝に散歩を
私は昔、正社員として多くの仕事仲間に囲まれて仕事をしていた。
だけど、働き始めて4年くらいで人と一緒に何かするというのに無理だと知った。
働く時間が長い上に、チームプレイで進めるので、やはり噂話がしょっちゅう。
それを聞きたいと思えば上手くやっていけるのかもしれない。
だけど、放っておけば?としか思えないのだ。
そして、仕事のペースがスローな人に合わせるという努力ができない、早い人についていけない。
周りは努力が見られない!と感じるだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。

ひんやりした木曜の夜は昔を思い出す

村上春樹の文庫本がハマると、読書ファンの人々の話を聞き、買ったのがノルウェイの森だ。
この本は、日本以外でも多くの人に親しまれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
彼の話は、歯切れがよく、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との中間でゆれる、ワタナベは、実際、生きる死ぬの世界でゆれているように感じる。
そのテーマを無視しても直子も緑も魅力的だと思う。
他にも、キズキや永沢さんやレイコさんという登場人物が加わる。
全て魅力がありなにかしら陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に読んだ物語だが無性にあのシーンが読みたい!と思い立って読んだことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
ワタナベはモテるだろうなとと感じたところ。
なので、直子がちょっとだけうらやましくなった。

気持ち良さそうに歌う兄さんと冷たい雨
少年は真夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みが始まって二週間程度過ぎた頃だった。
暑さのあまり熟睡できなかったのだろう。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、全然涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を切って、炒め、そして煮込んだ。
空が白んできた頃、家中にとても美味しそうなカレーのいい香りが漂ってきた。

雲の無い祝日の昼はカクテルを

江國香織の物語に登場する主役は、みんなクレイジーだ。
例えれば、東京タワーの詩史。
あと、がらくたの柊子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持っている性質を、極端にして表現した形かもしれない。
心からクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
もしかしたら迎えに来る可能性もある「あのひと」を待ち、色々な街に引っ越す。
恋人を忘れないで、必ず会えると確信して。
挙句の果てに「ママは現実を生きていない」と、愛娘に告げられるが、彼女には全然ピンとこない。
このシーンが、このストーリーの接待的にクレイジーなところだ。
個人的には、ウエハースの椅子にはなるべく座りたくないけれど、神様のボートには乗れる。
江國香織さんの書く、クレイジーでも綺麗でちょっと弱々しい女性たちが大好きだ。

汗をたらして大声を出す兄さんとファミレス
さやかちゃんは一見のんびり屋に見られるらしいけど、アクティブな女性。
夫と、2歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、フレンチレストランの向かいのアパートに住んでいる。
パートも育児もしっかりこなして、かなり忙しいけれど、時間の使い方は上手い。
少しでも暇を見つけると、この日は空いてる?と絶対連絡を入れてくれる。
私は喜んでお菓子を購入し、さやかちゃんの家に行く。

月が見える週末の日没は食事を

珍しく情緒不安定な精神に陥ってしまい、ちょっとのことでも楽しくなかった。
大きな原因がないし、突然悲観的になったり、今やっていることが無意味に思えたりした。
けれど、外での仕事ができた。
内容は毎年恒例の会場での催し物で結構立派な案件だった。
ミスってはいけないと思い自分を忘れてしっかりこなしているうちに、いつものポジティブな気分になってきた。
思い返せば安定感がない時、外に出て太陽の光を求めたりしなかった。
たまには出かけるのも健康の一つかもしれないと思うようになった。

のめり込んで叫ぶ友人と紅葉の山
人々のほとんどが水という調査もあるので、水分摂取は人々の基礎です。
水の摂取をしっかり行い、お互いに健康的で楽しい夏を満喫したいですね。
ぎらつく太陽の中より蝉の鳴き声が聞こえるこの時期、いつもはそんなに外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について気になる方が多いかもしれません。
夏の肌のスキンケアは秋に表れるという位なので、やっぱり気にしてしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気を使っているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、この時期ばかりは少し例外かもしれません。
どうしてかというと、たくさん汗をかいて、気付かないうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自身の調子も影響するでしょう。
ひょっとすると、自身で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっとだけ外出する時も、小さなもので充分なので、水筒があれば非常に便利です。
人々のほとんどが水という調査もあるので、水分摂取は人々の基礎です。
水の摂取をしっかり行い、お互いに健康的で楽しい夏を満喫したいですね。

サイトメニュー