アンケートなどで、「パティシエ」について尋ねられたら、アナタはどんなことを言う?「おむすび」は、人によって考え方が違うなのかもしれない。

三日月と谷とタイフーン

HOME

よく晴れた金曜の深夜にゆっくりと

じっと見てしまうくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
実は一回だけ見かけました。
電車の中で若い人。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、それ以外で出てくるオーラはたぶん存在しますよね。
なかなか魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

寒い土曜の朝にビールを
ずいぶん昔の学生時代、観賞した合作映画が、「ビフォアーサンライズ」というもので、日本語のタイトルは恋人までの距離という。
父に、「感動の作品だよ」と絶賛されていた作品だ。
旅の途中の列車の中で出会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス出身の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しだけオーストリアを旅するストーリー。
この作品の面白い部分は、特にこれといった事態とか起承転結の点の部分とか、あまり無いところ。
会ったばかりのこの2人が、過去の恋、そして、生き方といったことについて永遠と意見を言い合う。
見た時は中学校2年生の私は、実に幼く、退屈しながら見過ごしたストーリーだった。
実は、昨日、偶然ツタヤにて目に留まり、これはあの時のと思い借りて、観賞したところ大変心に響いた。
一番は、レコードショップで、kath bloomを聞きながら無意識に見詰め合ってしまうところ。
ジェシーとセリーヌの帰国の時、つまり、別れのシーン、そこでラストを迎える。
当時はぴんと来なかったこのシネマ、時間をおいて見てみると、すこし違った見方ができると思う。
とりあえず、KATH BLOOMのCDを、ツタヤで探し出して流している。

暑い平日の早朝にカクテルを

晩酌などの酒のおつまみには、ローカロリーで健康に良い物を!と考えている。
最近のおつまみはトマト。
それ以前はマグロ。
それから、近頃は、鰻だけれど、高いので断念。
先日新しいメニューを考案した。
だいたい100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて味を調えたもの。
じゅうぶん価格は低め、KCALも低い気がしませんか。

気どりながら泳ぐ妹とアスファルトの匂い
仕事で仲良くなったOLさんがいる。
変わった方で、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、ネイリスト検定2級、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、調理師免許、危険物取扱。
公認会計士も取得していると言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を友人に話したら、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、30歳年上の部長と結婚し退職していった。

薄暗い土曜の昼に冷酒を

暑い日に、那覇まで仕事に出かけた。
この辺は非常に暑い!
綿のカットソーの上に、ジャケット。
汗だくになりすぎて、上着のジャケットは凄い事に。
ビジネスホテルへ入って、洗濯機もなかったのでLUSHの石鹸で綺麗にした。
翌日その上着はストロベリーの匂いが続いた。
上着がボロくなあるのではないかと気になったけれど、何があっても洗うべきだと心に決めていた。

薄暗い仏滅の夕方に熱燗を
夕刊に、日本女性の眉の移り変わりをテーマにした、なかなか面白い記事が記載されていた。
なるほど、と思えば、急に色っぽくも感じられるので面白い。
見るだけでは、奇抜すぎるように感じる場合もあるが、江戸の頃は成人女性の証でもあるという。
なるほど、と思えば、いきなり色っぽくも感じられるので不思議だ。

無我夢中で叫ぶ姉ちゃんと穴のあいた靴下

かなりの確率でEくんから届くE−MAILのなかみは、何を言いたいのかまったくわからない。
飲んでても飲んでなくてもいまいちいまいちだ。
だけど、彼が仕事で作成したという、会社の商品と募金についての文書を見せてもらった。
きちんとした文章書くことが出来るんだ!と思って、驚いてしまった。

気どりながらダンスする弟とわたし
業務で入用な竹を多すぎるほど譲り受けるようになり、感謝しているのだけれど、混雑している竹が邪魔でどしどし運び出してほしい知人は、必要以上に竹を持って帰らせようとしてくるので大変だ。
うじゃうじゃ運んで帰っても捨てることになるのだが、大きな竹が困ってしょうがないらしく、持って帰ってくれとしきりにお願いされる。
こちらも必要なものをタダでもらっているので、強く言われたら断れない。

風の強い水曜の深夜は立ちっぱなしで

今日の夕食は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと思いを巡らしていた。
パスタやオムライス、ポテトフライやから揚げ、なんてメニュー一覧には何が載っているのかとても楽しみでもあった。
行く場所は最近開店したファミレスだ。
お父さんが運転してくれている車はそろそろお店に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の隣で、女性誌を読んでいる。
少年は車から飛び降りると、ワクワクしながら、入り口を開けて皆が来るのを待った。

汗をたらして叫ぶ妹と突風
海が非常に近くで、サーフィンのメッカとしてもめっちゃ有名なスポットの歩いてすぐに住んでいる。
ゆえに、サーフィンをする人はものすごく多くいて、出勤の前に朝ちょっと波乗りに行くという人も存在する。
そのように、サーフィンをしに行く方々が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もたいそう多かったのですが、どうあっても断っていました。
それは、俺が、運動神経がにぶく、泳げないからです。
しかし、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行った場所は熟練者がする場所で、テトラポッドが近くに広がっていて、スペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

サイトメニュー